読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法使いとトリコロールの猫。

ヘルミーナとクイズが好きなウィズッター(Twitter: @hermina_quiz)。「黒ウィズは3色パネルを踏んでこそ!」と思ってます。Twitterでは主にウィズのことをつぶやいておりますが、こちらでは主に日常の話を呟こうかと思ってます。

ドルキマス魔道杯

ついに23日、ドルキマス魔道杯が開催されるそうですね。前回の八百万魔道杯はデイリー自己最高ランクとなる200番台、総合2000番台を達成しました。魔道杯を目前にして、改めてそのときのレビューをしたいと思います。

【八百万魔道杯の流れ】
・初日
20:00まではひたすら4式を走る。20:00から2時間近くイベ覇を研究、アリエッタやセイといった魔道杯MVP級の精霊を欠いたことから最終的にデッキ構築を断念。この間、クリスタルを5個ほど消費。最終的に20万点台でまさかの総合3桁順位につけた。

・2日目
深夜、マクドナルドでハンバーガーを食べる。WiFi確保と眠らないためである。朝まで滞在後、涼しかったので気分転換に散歩をし、京都御所でプレイ。何試合かしているうちに雨に降られる。この時点でデイリー100位の壁を突破していた。たださすがに雨に濡れるのはアレなので、仕方ないく家に帰ってプレイするが、家だと眠れちゃうんだよなあ。案の定、疲れから眠りに落ちてしまう。その後は頭がぼんやりしたままプレイ。誤答が増える。

・3日目
夜中のうちにデイリーボードに名前を載せる予定で再び走る。だが、一気にやる気が減退。ルリアゲハの声で気分転換を図るも、そう上手く行くわけもなかった。結局この日はずるずる減速し、気がつけばデイリー2万5000位圏外へ。

・4日目
4日目なんてなかった。

【反省】
・手持ち不足。アリエッタはともかく、50個近くクリスタルがあったことを踏まえれば、魔道杯を回しながらでもセイを狙うべきだった可能性はある。ワースがいるからといって、ウラガーンも準備できていなかったし、作ることを視野にも入れてなかった。事実、お疲れガチャからセイが出てきた。
今回の魔道杯のキーカードは予想がつかないが、元帥はなんとしてでも手に入れたい。

・経験値本使用への躊躇
こんなものはそもそも躊躇する必要すらない。なのに経験値を使うのをためらってしまった。30ページ分の本を使ったものの、残り20ページ分だけ余してしまった。

・自然回復へのこだわり
上のことと重複するが、魔力を0に近づけてから経験値本でレベルを上げ、極力本を無駄にしないことを意識しすぎた。この調整は時間の無駄だったし、調整中に時間が経てば経つほどやる気が下がっていた。

・ペース配分
やり込むにしても、誤答が増え始めるまで。誤答が増えたら集中力が切れている証拠なので、適宜休憩する必要があった。誤答で魔力だけ無駄にしている試合が途中から増えていた。

八百万魔道杯で初めて本格的に激走してみて、どの辺りに課題があるかがよく分かったと思っています。上に挙げたような反省を活かし、ドルキマス魔道杯ではさらなる結果を残せたらと意気込んでいます。